フラれ続けてわかった。ヒッチハイクのコツは直接話しかける!!

こんにちは!!台風の中でも野宿します。しょーごです

 

皆さんはヒッチハイクをしたことがありますか?

そろそろヒッチハイクしたくなって来る年頃でしょ!!

 

ヒッチハイクをするときのコツ

それは直接話しかける!笑顔と自分の頭のネジをぶっ飛ばすこと!!

待ってるだけの奥手野郎はその場で待ってろ!!

 

今回は、東日本ヒッチハイク第二弾です!!

前回はこちら

関連記事:【東日本縦断成功!!】ヒッチハイクで東京から北海道まで行ってきた

 

ではいこっ!!

 

朝起きたら寝てた場所がカオスすぎた

 

台風が迫る中橋の下で眠るやつ

これまじでオススメしない!!

風強くてテント飛ばされて吹き飛ぶし、頭の上はガンガン車が通ってまじでうるせぇ!笑

 

そして暗くてなんも見えなかった夜から

朝になってだんだん周りも見えるようになって気づく

 

どこだよここ!!

 

おれらとんでもないところで寝てたんだな笑

 

野宿の恐ろしさ

 

自分がどこで寝てるのかなんてほぼ分からないまま寝て

朝起きたらとんでもない所で寝ていたって感じ

川の増水とかで流されなくて良かったなって、書いている今になって思ってます笑

 

でも唯一良かったことは

雨が凌げたこと!これだけは有り難かった

 

でもオススメはしません。自己責任で笑

 

女神登場!!ヒッチハイク史上初の女性ドライバー

仙台に向けてヒッチハイク開始!!

 

雨はまだそこまで強くなかったけれども

風がめちゃくちゃ強い!!

でも、俺らのテンションはその風に煽られて

むしろ絶好調!笑

逆境に強いのが俺らの取り柄です

 

台風が迫っている中ハイテンションなおれら

そんな奴らを気狂いと思ったのか

止まってくれた車が一台!!

 

なんと、ヒッチハイク史上初女性の方に止まって頂きました!!

その方は最初、俺らがどこかを痛めて助けを求めていたと思って止まってくれたらしい笑

何という女神!!

元気ですみません。笑

 

 

結果、勘違いではあったものの

常磐道日立南太田ICの入り口まで送って頂くことに!!

最後まで女神やー

 

有難うございました!!

 

台風接近!暴風雨の中のヒッチハイク!!

さっきまでの風と、さらに雨の勢いも強まり

いよいよ台風も接近!

傘も指すことができない状態で全身ずぶ濡れ!!

 

ファンタステックフィーバー状態突入!!

 

注意:このフィーバーではありません

詳しくはこちら【平成生まれが振り返る】あの頃流行った俺らの公園遊び6選

 

はい。

 

そんな中でも続けますヒッチハイク

でも雨が強くてホワイトボードに何書いても

滲んで全く意味ないから、取りあえずなんかやってるなー!?作戦笑

 

ちゃっかり、日の丸背負ってます

 

モチベーションも勢いもヒッチハイク史上最高潮!!

台風に負けるか、ど根性で続けた結果

台風の勢いも後押しに感じ、いくら振られてもまだまだイケイケ!

 

 

そんな俺らの前に一台の車が!!

 

ひたちなか市でケーキ屋さんを営んでいるご家族の皆さん!

 

しかも僕らの為に、荷物が入りきらないからと

後ろからついて来ていたもう一台の車と連絡をとって頂き

わざわざ荷物を移動して頂くという神対応っぷりっ!!

 

車内の会話も楽しかったなー!

 

そして中郷サービスエリアまで乗せて頂き

しかも、最後にお菓子や飲み物まで持たせて頂き

「本当はご飯をご馳走するつもりだったけれども。」

とご支援まで頂きまじで感動しました!!

 

有難うございました!!

 

ヒッチハイクのコツを伝授!!ヒッチは最高の笑顔で話しかけよ!

いよいよ、高速道路に入ることができました!

中郷サービスエリアに着き少し休憩をして

ヒッチハイクを開始することに

 

ここで俺らの得意とするサービスエリアでのヒッチハイク!

実はヒッチハイクは、看板を掲げたり道で車を止めるよりも

 

ドライバーの方に声をかけて、乗せて頂ける方を探す方が早く見つけやすいんですよ!!

 

実際乗せる側の気持ちになった時、車を運転してて得体の知れない奴らが笑顔満点で

「なんかやってんなー」

って勢いよく通り過ぎるよりも

 

「こんにちはっ!!」

って話しかけて、ヒッチハイクをやっていることや

自分らがどんな人間なのかっていうのを知ってもらう事の方が

乗せる側も警戒心を解きやすいと思うんですね!

 

最初は怖いと思うけれどそんな気持ちも前に突っ込んで!

最高の笑顔で話しかけに行きましょ!

 

 

仙台突入!!

ところが今回はかなり手こずり、一時間半笑

サービスエリアで話しかけ続け、ついに乗せて頂ける方が!!

 

福島方面で人と待ち合わせているらしく

一緒に乗せて頂けることに!!

 

そして、福島方面で待ち合わせていた方と連絡をとって頂き

待ち合わせ場所を変更して仙台まで載せて頂けることに!!

 

しかも何と、途中のサービスエリアに寄って

僕らに昼ごはんをご馳走させて頂きました泣

 

この旅いい人に恵まれ過ぎてやがる

 

仙台から出られない笑 気持ちの折れたヒッチハイク

 

仙台まで乗せていただいた僕らは

体を洗う為にジムの会員であるエニタイムでシャワーを浴びてきました

エニタイムって会員であれば世界中どこのジムでも行けるかんな!!

 

シャワーも浴びて

次は東北道で北上したく電車に乗り仙台宮城ICの乗り口まで移動しました

 

時刻も20時近く

周りも真っ暗でホワイトボードを掲げても全く意味なし!!

全然見えなくて俺らの姿も見えてないんじゃないのかくらいの暗さっ

 

通る車も全然見向きもしてくれなくて手応えもゼロ

仙台から出られないって、この時はマジで気持ち折れてた笑

 

不安と苛立ちで最悪な仙台の夜でした

今度はちゃんと、楽しい仙台を満喫したいわー笑

 

 

残金 10,000円

乗せていただいた車 3台

移動 水戸市〜日立市〜北茨城市〜仙台市

移動距離 250キロ

宗谷岬まであと 1,150キロ

最後まで読んで頂き有難うございました!!

この記事をSNSでシェア!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です